Home

宿中屋 女将の湯処だより

立教大学観光学部に「観光ビジネス概論」のゲストスピーカーとして伺わせていただきました。

5月10日に、立教大学観光学部「観光ビジネス概論」のゲストスピーカーとして、ご招待いただきました。有り難いことに今年で、7回目となります。

「お客様に感動をいただき歩み続ける宿 中屋 ~おもてなしの宿を目指して~」というテーマで、毎回お話しさせていただいております。

中屋の歴史 旅館の仕事 お客様との様々なエピソード スタッフとの物語 毎日の「一期一会」が旅館や自分たちに感動を与え成長させてくれていることなど、本当にありがたいお仕事であることをお話しさせていただきました。

中屋で生まれた物語の数々がございます。   余命幾ばくも無いお父様に「少し早めの金婚式」をと企画されたご家族。若いカップルが「明日結婚します」の電話に何かお祝いの気持ちをと音楽の夕べでサプライズで「結婚行進曲」を演奏してもらいお客様皆様でお祝いしたこと。 停電の中 お二人だけのために「真っ暗闇の中の結婚記念日」などなど。話し始めたら止まらなくなるほど、沢山の物語がございます。こうしてお客様に喜んでいただくことのよって、わたくしどもが、感動をいただいていること、本当にありがたいことでございます。

約100名の学生さん、熱心に聞いてくださいましたことも感謝でございます。時間内に提出するレポート拝見させていただきましたが、しっかりと意図を読み取ってくださっていました。橋本俊哉教授の日頃のご指導の賜物と拝察いたしました。このレポートは、いつものように、私の宝物になりました。

素晴らしい時間を、ありがとうございました。

お朔日(ついたち)市 毎月1日に天津神明宮で開催されます。

早いもので、今日は4月1日。毎月、お朔日に、近くの天津神明宮にて、お朔日市が開催されます。

残念ながら 朝から雨が降っておりましたが、このように桜も美しく、いつものことながら、気持ちが清々といたします。

 

ご神訓も 桜にちなんだお言葉で、宮司さんの力強さの中に、優しいお気持ちがあふれている素晴らしい筆跡には、毎回のことながら、ほれぼれいたします。

地元の野菜あり、地元の食材を使ったお弁当あり、地元の名産あり、また、震災支援のその地の名産ありの楽しい市ですが、6年前の東北大震災から、始めた「おついたちいち」だったようでございます。

宿 中屋から歩いて15分のところに、このような素晴らしい神社があること、心から感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のジャズは、サックスとビブラフォンのコラボレーション。楽しさ倍増です。

毎週月曜日と火曜日は、夜8時からジャズの夕べを開催いたしております。

本日のジャズは、ビブラフォンとサックスのコラボレーションをお楽しみいただきました。

ビブラフォンの優しい音色とサックスの力強い響きと・・・。

あっという間の30分でした。

今日は、風が強く 嵐のような一日でございましたが、皆様のお疲れを少しでもお癒しいただけたら幸いでございます。

今日の一日に感謝でございます。

 

宿 中屋のひな祭り  お雛様を飾りました。

//

少し遅ればせながら, お雛様を飾りました。

毎年のことながら、時の移ろいの早さに驚きます。

もうすぐ勝浦のビッグひな祭りも開催されますが、宿 中屋にも数種のお雛様が、飾られております。

鴨川市在住陶芸家の今泉ゆうさんが、可愛いお雛様を製作されました。鄙びた味わいのある、その名も「ひな雛(びな)」

土そのものもあれば、可愛く色づけされているものもありで、なかなか楽しいお雛様たちでございます。

是非 皆様にもご覧いただきたく存じます。

 

 

 

今年の初ジャズは ご縁のある和佳奈さんが、素敵なサックスを。

今年初めてのジャズの夕べが開催されました。本日のジャズの演奏者は、稲村和佳奈さん。素敵なサックスを演奏してくださいました。縁は不思議なもので、和佳奈さんの叔父様が、何と私の高校の同級生でございました。このようにイベントを開催させていただき、ジャズのご縁で、和佳奈さんから伺ったときは、本当にびっくり、でもとても嬉しく感じました。

和佳奈さんの迫力ありながら繊細なサックスの響き 30分があっという間にすぎました。

今年も不定期ではありますが、ジャズの夕べを月曜 火曜と開催の予定でございます。

5時半からの音楽の夕べとともに、是非お楽しみ頂けたら幸いでございます。

皆様のお越しを心からお待ち申しております。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top