Home > 女将の湯処だより

女将の湯処だより Archive

立教大学観光学部観光ビジネス概論 ゲストスピーカーとして伺わせていただきました。

5月21日 立教大学観光学部新座キャンパスに伺わせていただきました。今回で有難いことに8回目、毎年このような機会をいただいておりますこと心から感謝申し上げております。

「お客様に感動をいただき歩み続ける『宿 中屋』 ~おもてなしの宿を目指して~」をテーマに 旅館での日々のエピソードなど盛り込みながらお話しいたしました。改めて思い返すと、様々なドラマがありました。「明日 結婚します」という若いカップルに何かできないかと、音楽の夕べで、「結婚行進曲」を演奏し、手作りの花束をご用意し、お客様と一緒にお祝いしたことなど、昨日のことのように思い出されます。また急な停電で、真っ暗闇の中で、お二人のためにご用意した夕食 そしてご結婚記念日をお祝いしたこと。階段 廊下 もちろん客室 ご不便のないように、明かりを置いたり、薄暗い非常照明の中 少しでもムーディにと工夫したこと。懐かしい思い出となっております。

学生の皆様、熱心に聴いてくださいました。講義後の感想レポートも拝見いたしましたが、皆様、しっかりとご自分の考えを表現されていて、頼もしく思えました。いつものように私の宝物にさせていただきます。

このような機会を与えてくださった丹治先生、熱心に聴いて下さった学生の皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

お参りのあとのお楽しみは、・・・・。爽やかな風とともに、お茶タイム。

緑濃い庭園を眺めながら、お茶タイム 優雅ですよね。

ここは、どこでしょうか?

当館から歩いて15分のところにある天津神明宮のカフェ「えびす茶屋」でございます。

ご神水で入れた珈琲も美味しく ジャズの調べも何故かよく調和して、ほっこりタイムでございます。

こんなに近くにこのようなカフェがあること、幸せですね。

5月のおすすめは、この時期ならでは、鴨川産の甘夏を使用した甘夏ミルクゼリー。

霊験あらたかな神明宮にお参りしたあとのあとのお楽しみに、是非お勧めいたします。

 

 

海のお散歩に最適な季節となりました。

初夏の爽やかな風の中、海の遊歩道をお散歩する方が多くなりました。宿 中屋のすぐ前は、このような遊歩道がございます。

4キロの遊歩道になっておりまして、海の風景はもちろんのこと、漁港や 町並みも彩りを添えてくれます。

これからの季節 山々のマテバシイの木々が、萌黄色に輝きます。

紅葉にも勝るとも劣らない もえぎ色に輝く山々 是非ご覧いただきたく存じます。

本日の夕陽です。淡い色が美しく 春の深まりを感じます。

本日の夕陽でございます。秋 冬と違いこの時期は、ほんのり桜色の淡いピンクの夕陽でございますね。

ご夕食のご案内のとき、お客様とご一緒に「夕陽を愛でる」ことができ有難く存じます。本日は雨が降ったりやんだり また肌寒い一日でございました。

この夕陽を見ると 明日は晴れそうな。

穏やかな一日に感謝でございます。

今週の押し花 「花かご」をご紹介いたします。

サンセットラウンジに本日 星 和子先生の「花かご」を飾りました。

かごは、小学校などによくある栴檀(せんだん)の花だそうです。網目のように見えますよね。そして持ち手は仙人草のつる。

このかごに、黄色の母子草 赤やピンクのアリッサム シロツメクサ 野良ニンジン 軍配ナズナなど野草を盛り込んで・・。

繊細で、可憐で素敵ですよね。

道端にひっそり咲いている草花を愛でる心に温かい気持ちになります。

是非 皆様もご覧いただきたく存じます。

 

ホーム > 女将の湯処だより

Search
Feeds
Meta

Return to page top