Home > Archives > 2009-03

2009-03

宿 中屋の夕陽は、とびっきりの夕陽です。

 

 

 

 この夕陽の写真は、おなじみの塩田様が、宿 中屋のすぐ前の海で 撮影したものでがざいます。すばらしいので、廊下に飾らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのすぐ下に この書を 飾っております。「夕陽がいつもより美しく 知らぬ間に溢れ出す感謝の気持ち」        この書は、宿 中屋のスタッフの娘さん(4月から大学生で 春休み 中屋でお手伝いしてくれました)がしるしました。

感動する言葉と 美しい文字

文盲だった方が、字の読み書きが 出来るようになり、夕陽の美しさの感動したということを聞いたことがあります。

是非 皆様も宿 中屋のとびっきりの夕陽が ご覧なれますように・・・・・

 

 

 

紙芝居 お子様の「ありがとう」が、嬉しくて・・・・・

 

 

 

 

 

 宿 中屋では、春休み、夏休み、ゴールデンウイーク、冬休みなど、お子様が、多くお越しになるときに、紙芝居をさせていただいております。お子様の真剣なまなざし,笑顔、そして、かわいい「ありがとう」が嬉しくて 少々声が枯れながらも、今日は、「ねずみの嫁入り」 「おぶさりてい」「野菜ころころ八百屋さん」と3本の紙芝居を致しました。お子様との触れ合いが とても楽しく 私にとって 有難い時間でもあります。

 

 

 

 

宿 中屋の春は 音楽も 花盛りです。

 

 3月24日 ピアノデュオとユーフォニアムの早春コンサートを開催いたしました。 ヴィヴァルディの「四季」の第1楽章から始まり、愛のよろこび 春の歌 荒城の月等など 春にちなんだ曲を 演奏してくださいました。このように 女性3人の時期に合わせた華やかな衣装も さらに 彩りを添えてくれます。次回は、4月14日(火)と5月29日(金)でございます。是非 皆様のお越しをお待ち申しあげております。

 

 

 

 

 おなじみのフルートとピアノも大好評で、春休み中(3月25日から4月3日)は毎日開催しております。 春の曲満載で 「ときめく心に」や「愛のよろこび」など 心が浮き浮きしてきます。クラシックと童謡の組み合わせが良かったとお褒めのお言葉をいただくと、本当に嬉しく、次回のプログラムの打ち合わせに、皆様のご意見を参考にさせていただいております。予めでしたら、リクエストも 承っております。前回 お客様から 亡くなられたお母様の縁のある「平城山(ならやま)」のリクエストがあり、奥様のお誕生日に、とても思い出になったと喜んで下さいました。是非皆様も思い出の曲をリクエストなさって下さいませ。(ご予約時にお申し付けくださいませ。) 春休み中 ご家族で お仲間で お越しをお待ち申しております。

 4月は7日 8日 9日 15日 16日 21日と24日(いい夫婦の日コンサート) 28日 29日 30日と予定でございます。

 

 

 

3月21日の土曜日は quava.k(クァヴァ・ケイ)さんによるピアノと軽快なビートでオリジナル曲を披露してくれました。楽しく また、癒される曲の数々に、お客様も喜んで下さいました。 次回は 4月18日(土)と5月24日(日)を予定しております。皆様のお越しをお待ち申しあげております。

 

朝のお散歩 桜とうぐいすがお出迎えしてくれます。

 

 

 

 

 

 神明宮のご神水の近く 桜がほころびました。このご神水は、遠方より大勢の方が,霊水をいただきにきます。お散歩の時に、必ず、皆様にご案内させていただいております。まろやかなお水で、ほっといたします。また、時折のうぐいすの鳴き声が 神明の森に響いて、さらに美しく聞こえます。 この時期ならではの風情でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つくしんぼ よめな せりなどなど 山菜の話で 大盛り上がり。                      たんぽぽの葉っぱは、サラダにすると美味しいとか、  皆様に教えていただくことばかりで 本当に感謝でございます。

Home > Archives > 2009-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top