Home > Archives > 2009-09

2009-09

朝のお散歩に最適な気候となりました。

umi925

9月25日、朝のお散歩にて。  美しい海を是非、ご覧下さいませ。

爽やかな季節、お散歩するのに、最適な気候となりました。

本日、「くこ」に、花が咲いているのを見つけました。

kuko925

秋ですね。お花が咲くことにより、ここにもあそこにもと、たくさん自生していることを気づかせてくれます。1年に一度だけ、存在感をそっとアピールしているように。

花のあとの真赤な実も、目を楽しませてくれます。

季節の移ろいを感じながら、ご一緒にお散歩しませんか・・・・。

9月24日は、秋の音楽の夕べ。癒されました。

ongaku924

秋の音楽の夕べ・・昨日は、ユウフォニアムとピアノデュオの華麗なコンサートでございました。 ドリーの子守唄から始まり、秋のメドレー(童謡)少年時代 ディズニーメドレー・・・

あっという間の45分でございました。アンコールは、おなじみの「浜千鳥」

ユウフォニアムの荘厳な調べとピアノの軽やかさとすばらしいエンディングでございました。アンコールの「浜千鳥」を演奏したあとも、皆様、席を立たず、再度アンコール・・。

涙ぐんでいる方もいらして、お喜びいただけましたこと、嬉しく存じました。

アンコールの「浜千鳥」は、ユウフォニアムの吉田えりさんが、編曲したと伺い、益々、感動いたしました。

10月2日は、特別ゲストをお招きして、すばらしい歌声を聴いていただきます。

是非、皆様お越し下さいますことをお待ち申しております。

鴨川秋の収穫祭  長狭米フェア開催中

新米のおいしい季節となりました。宿 中屋では、先代から、地元の長狭米をご提供させていただいております。お客様から、ご飯がおいしいねとおっしゃっていただけると、とても嬉しく、誇らしげに「地元の長狭米でございます。」と申しておりました。

長狭米の歴史では、明治天皇の即位後最初の新嘗祭である大嘗祭に斎田として選ばれ お米を献上したとのこと、また、平成2年に「日本の米つくり百選」に選ばれています。

長狭米の産地である長狭平野の土壌を育み、続ける嶺岡山系。江戸時代は、幕府直轄の軍馬養成場、明治以降は、搾乳牛を育成する酪農場であった。動物たちの肥やしの養分を山から里へ天水として運ぶ。また。もともと嶺岡山系には米作りに適したマグネシウムを多く含む鉱物,蛇紋岩が自然含有していることも、長狭平野が理想的な有機肥料が脈々と運ばれて続けていて、良い土壌であることが、うかがえます。

                   KamoZine秋号(かもナビ実行委員会発行)より抜粋 

宿 中屋では、新米の時期 2Kのお米も販売いたしております。お土産に買っていただく方もいらっしゃいます。

食欲の秋到来  鴨川の秋を是非、ご堪能下さいませ。

秋の花々でお出迎え致します。

beiri-fu

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、秋の風が爽やかになりました。ロビーの花々もすっかり「秋」です。

月桂樹(乾燥しました葉は、よくお肉等の煮込み料理に使用するベイリーフといわれておりますね。)百合 孔雀草 リンドウ 石化柳などなど

彼岸花も、真っ盛りです。コスモスの開花も楽しみですね。

皆様お越しを心からお待ち申しております。

彼岸花が・・・・すっかり秋ですね。

higanbana

朝のお散歩道で、彼岸花が咲いていました。まだまだ暑い日ざしが続いているのに、すっかり秋を感じました。

本日は、若いお嬢様お2人とのお散歩でした。天津神明宮は、縁結びの神様のなぎなみ神社もあり、話題は、つい、「ご縁」のお話になります。「凪(なぎ)の木」・・・縁結びの木とも言われている葉っぱを、ご紹介したりと、同じ世代の娘を持つ私にとっても、気になることであります。

清楚なお2人、心からすばらしいご縁があることをお祈りいたします。

神明宮の今月のご神訓

    気づいた時が、始める時 臆することなかれ

朝の爽やかさが、とても嬉しく、今日も楽しいお散歩でした。

Home > Archives > 2009-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top