Home > Archives > 2011-03

2011-03

桜が咲いていました。いつのまにか・・・・・春ですね。

sakuranohana

本日、所用があり天津神明宮に、行ってまいりました。もう、桜が咲いていました。まるで、何事もなかったように、毎年と同じように・・・・美しく咲いていました。桜の季節だったことも忘れていました。

静かな神明宮は、まるで、別天地。空気まで澄んでいるような気がいたします。

 

sakura sinnmei

一日も早く暖かくなってくれることを願っております。

「黒文字の花って見たことある?」 勝浦にお住いのY様が、下さいました。

kuromozinohana

この黄色い花が、「黒文字の花」でございます。

和菓子を食べるときの楊枝にこの木が使われますよね。東京から勝浦に引越ししていらしたY様、黒文字造りがご趣味でいらして、この花をおもちくださいました。手折ると、高貴な香りがします。

このような黄色の愛らしい花が咲くなんて、すてきですよね。すてきといえば、Y様、「地震の影響でキャンセルが続いて・・・」とつい、こぼしてしまいましたら、「ぼくたちでよかったら、泊まろうか?」とおっしゃっていただき、つい「嬉しい。ありがとうございます。」とお言葉に甘えてしまいました。奥様も、「辛いときがあれば、必ず、いいことがあるから。日本中が今、我慢のときだよね。」涙を流さんばかりに、手を握ってお話してくださいました。

黒文字の花は、今、美しく咲いています。見るたびに、Y様のことを思い出し、心が温かくなります。宿 中屋は、大勢の皆様に支えられていること、改めて感謝申し上げます。皆様もお越しになりましたら、是非、手折って、香りを楽しんで下さいませ。高貴な香りに、しばし、癒されます。

静かな夜に、嬉しい電話「そちらは大丈夫?日にちが決まったらまた電話するね。」

本日も静かな夜でした。沈黙を破るかのように、鳴った電話が、上記のお言葉でした。嬉しかったです。希望の光が見えたような気がいたしました。

「被害はなかった? 営業しているの?」との問いに、「おかげさまで、なんの被害もなく、毎日営業させていただいております。」と申し上げると、「わかった。日にちが決まったら また、電話するね。」とおっしゃってくださったときは、本当に有難く、明るい気持ちにさせていただきました。日々、当たり前と思っていたことが、全く当たり前でないこと。おひとりおひとりのお越しになりたいお気持ちがに対して、宿としてどれだけ、答えられるかを、しみじみ自ら問うことが大切であることを認識いたしました。

本日も数名の方がお泊りいただいております。この時期、ご不安な中、こうしてお越しくださったことに深謝いたします。また、キャンセルをせざるを得なかった大勢のお客様も、「本当に楽しみにしていたので残念でならないわ」とおっしゃって下さいました。また、「情勢がよくなったら、必ず行くから」とも。

本当にありがたいことでございます。

震災に遭われた皆様におかれましては、一日も早く復興されますこと、心からお祈り申し上げております。

また、様々な問題が、一日も早く解決いたしますように、お祈り申し上げます。

鴨川地区の計画停電は、3月21日までは中止、鴨川シーワールドも19日から営業いたします。

この度の東北関東大震災の際に、被害に遭われた方におかれましては、衷心より、お見舞いと哀悼の意を申し上げます。宿 中屋も鴨川旅館組合を通して、被災された方の受け入れにわずかばかりでございますが、登録させていただきました。義援金の箱も置かせていただきましたが、お越しの皆様もお心にかけていただいております。日本中が大変な中、暖かな気持ちが満ち溢れ、「なんとかしなくては」という気持ちの輪が広がっていて、感動を覚えます。本日お泊りのA様も、「被災地の方を思うと、のんきに旅行に来ていいのかなと思うけど、旅館をキャンセルしたら、旅館も大変だものね。」というお言葉をいただきました。 

鴨川地区は、3月21日まで、計画停電は、中止になりました。鴨川シーワールドも営業を再開するそうです。謹んでご報告させていただきます。

寂しげに春の花・・・・。静かな夜が続きます。

harunohana

このたびの東北関東大震災の被害は、未曾有の惨事で、被災された皆様には、心からお見舞いと、哀悼の意を申し上げます。このような震災でございますので、当然のことながら、キャンセルの電話が鳴り響き・・。本日は、数年ぶりの休館でございました。いつもなら、にぎやかにお客様同士談笑されているロビーは、ひっそりとしています。フリージアとカサブランカも心なしか、寂しげに見えます。お客様をお迎えさせていただくことが、どれほど有り難いことか、嬉しいことか。当たり前のことが当たり前でないことを、しみじみ痛感し、日々のことが、どれほどすばらしいことか、改めて感謝申し上げます。

被災された方のことを思うと、皆様も同じ思いかと存じますが、本当に胸が痛みます。今こうしていることも、思えば感謝ですね。

キャンセルが多い中、何名様か、お越しくださる方もおいでくださいます。「大変な中、こうしてお越し下さいまして・・・」と感謝を申し上げると、「ここは、別天地ね。温泉も料理も、また、景色も・・・。いっぱい心の栄養をとったから、また明日からがんばらなくてはね。」と嬉しいお言葉を頂きました。「思い切って、来て良かったわ」とも・・・。本当に有り難いことでございます。

一日も早い復興をお祈り申し上げ、また、皆様が、お越しいただける日を、心からお待ち申しております。

Home > Archives > 2011-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top