Home > Archives > 2011-04

2011-04

ゴールデンウイークは、毎日「音楽の夕べ」と「花縁日」を開催いたします。

baiorin 0526-3

様々な配慮から、中止しておりました「音楽の夕べ」でございますが、4月29日から、5月7日まで、毎日開催させていただくことにいたしました。

いつも演奏してくださっている、ピアノとフルートの髙橋さんと松江川さん、ピアノオリジナル曲のquava.kさん、ヴァイオリンとピアノの「Ria&Rie」さん、ユーフォニアムとピアノの吉田さんと大木さん、天津神明宮の岡野さんと佐々木さん、本日、お声がけしましたら、皆さん、喜んで下さいました。ありがとうございます。様々なお疲れが出るときだと存じます。是非、宿 中屋で、ひととき、ゆったりとしたお時間をお過ごしいただけたらと、企画させていただきました。

また、お子様向けに、「縁日」を企画いたしております。紙芝居、水ヨーヨー、スーパーボールなどなど。また、宿 中屋のフレッシュボーイ「五十嵐」「南」コンビが、お子様向けの企画を考えております。体育会系と理科系の2人が織り成すイベント、私も楽しみでございます。

kamisibai0501

ご期待くださいませ。

100本の黒文字に込められた温かい思いとは・・・・。

kuromozi0422

美しい千代紙に包まれた「黒文字」 以前ご紹介させていただいた勝浦市にお住まいのY様が、「義援金入れ」の近くに置き、ご協力くださった方に是非差し上げてくださいと寄付してくださいました。黒文字の楊枝は、もちろんのこと、千代紙で作った包みも、Y様の手作りです。100本いただきました。震災後、何か出来ることをと、「僕は、100本の黒文字を作るね。それを、いらしたお客様に差し上げたらどうだろう」とおっしゃってくださって、何回かに分けて、持ってきてくださっておりましたが、先日、あと10本で100本だから、中屋に泊まって仕上げるよとお泊りいただき、翌朝、「約束のこれで100本ね」とお渡しくださいました。

お客様に、「この黒文字は、おなじみ様の手作りで、・・・・・・」とご説明させていただくたびに、こころが温かくなります。そして、そのようなお客様が、いてくださることを、誇らしく感じながら、お話させていただいております。

黒文字は、芳しく(かぐわしく)高貴な香りが、いたします。  Y様のあたたかい気持ちが、さらに、芳しく感じさせてくれるのかもしれません。

本当にありがとうございました。

Home > Archives > 2011-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top