Home > Archives > 2012-04

2012-04

立教大学観光学部に伺わせていただきました。

宿中屋 パンフレット画像 500

4月26日 母校である立教大学観光学部「観光ビジネス概論」のゲストスピーカーとして、旅館の生の声をとのことで、伺わせていただきました。昨年7月7日、「お客様から元気をいただき、さらに走り続ける旅館  宿 中屋」をテーマに、お話させていただきましたが、今回は、リニューアル後のことも含めての講義でございます。というと格好いいのですが、壇上にあがりましたら、やはり緊張してしまい、お話ししたいことが沢山あったはずなのに、お聴き苦しい点が多かったと思いますが、立教生の皆さん、真剣に暖かく聴いてくださったこと、心から感謝いたします。震災時、お客様が少ないこのときにこそと、工事に踏み切ッた社長の英断、ハード面で劣るので、さまざまなイベントをしてきたこと。お客様からのさまざまなプレゼント。ふれあい。皆さんの質問にお答えしながら、宿 中屋は、どれほど、恵まれているかを実感いたしました。家族のような暖かい気持ちで、励ましてくださったり、時には、お叱りを受けたり、お客様とのさまざまな思い出があります。また、スタッフにも恵まれていることにも改めて感謝でございます。

その後10分間の間、レポートをまとめてくださり、拝見させていただきましたが、身に余るお言葉が多く、また、真剣にお話を聞いてくださったご様子が拝察でき、本当に有難く読ませていただきました。前回のレポート同様、私の宝物になりました。観光学部橋本俊哉教授の日頃のご指導の賜物と感激いたしました。本当にありがとうございます。

このような機会を与えてくださったことにも、大変感謝いたしております。講義を聴いてくださった立教生の皆様、すばらしい「一期一会」を本当にありがとうございました。

「木更津のアウトレット」にお立ち寄りになった方に粗品プレゼント!

ゴールデンウィークのご予定は、お決まりでいらっしゃいますか?木更津三井アウトレットにお立ち寄りになって、宿 中屋にご宿泊下さいました方、新観光スポットの誕生を記念しまして、心ばかりのプレゼントさせていただきます。是非、お申し出下さいませ。

4月27日と28日は、「チェロとヴァイオリン」のコンサート開催!!おすすめです

tierotovaiorinゴールデンウィークも、もうすぐでございますが、宿 中屋では、今週末に、素敵なコンサートを計画しております。リニューアルしてから、2回目になりますが、「チェロとヴァイオリン」の音楽の夕べでございます。

チェロとヴァイオリンの優しい調べが、ロビーに響きわたり、魅了されます。音楽の素晴しさを改めて、感じられるひとときかと存じます。

改装してから、音響が、とても良くなりました。音楽の夕べが、毎日楽しみです。本日も、アンコールの際、皆様に「ふるさと」を合唱していただきましたが、すばらしかったです。皆様にお喜びいただけることが、嬉しくて、こちらこそ、生かされております。感謝でございます。

花の香りでお出迎え。金魚草が花盛りでございます。

kingyosou041503

 

地元のお花の農家の方に、沢山の金魚草をいただきました。全部で600本位、ピンク 黄色白 藤色四種類です。早速、ロビーに活けこみました。

また、エントランスに、このように飾りましたら、お客様は、「お花畑のようね。」と、

kingyosou0415

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kingyosou041502

 

 

 

 

 

 

お帰りに、皆様に差し上げましたら、とても喜んでくださいました。 

お客様の笑顔は、何より嬉しく、お花を通してさまざまなお話を伺うことが楽しくて・・。

毎日が、「花縁日」でございます。

春です。お散歩に最適な季節となりました。

class=”alignleft size-full wp-image-2401″ />sakura0407
久しぶりのお散歩でした。風もなく穏やかなお天気でした。天津神明宮の桜も美しく、境内に入ると、空気の清廉さに、皆様驚かれます。うぐいすの声も、さらに清らかに聴こえます。
四月のご神訓は、「今日からのあなたは今が一番若い 常若(とこわか)なり」でした。毎月のこのご神訓は、神明宮の宮司さんが、自ら記されているようで、毎月楽しみにされている方も多くいらっしゃいます。その時期にあったお言葉は、心に響きます、震災直後は、「あなたには、幸せになる力がある」でした。
海の遊歩道を歩き、この地の素晴らしさに感動と感謝です。この日も素敵な楽しいお散歩をさせていただき、ありがとうございました。

Home > Archives > 2012-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top