Home > Archives > 2013-11

2013-11

本日の6時37分、海からの生まれたての太陽をご覧下さいませ。

この時期は、朝日が海から上がるのをご覧いただけます。本日のこの時間、ナイトフロントの佐藤が、30分前から、海にでて、この瞬間をカメラに収めました。

美しい朝日ですよね。中屋のお客様も、何人かカメラを持っていらしていたようで。お寒い中、素敵なショットがお撮りできたようでございます。

 

この季節は、夕陽も美しく、また、このように、朝日が海からご覧になれる素晴らしい時でございます。

是非、海からの生まれたての太陽を、ご覧になってくださいませ。素晴らしい一日がおくれそうな気がいたしませんか?

皆様のお越しを心からお待ち申しております。

12月25日のミニクリスマスパーティは、「25」さんにお越しいただきます。

 可愛いお嬢さんが、クリスマススタイルで、ポーズを決めてくださいました。来月の25日は、クリスマスパーティでございますが、本日の音楽の夕べを担当してくださった「25(Twenty five)」さんが、司会進行をしてくださいます。お二人は、平成25年(今年)に結成しお二人とも25歳で、いつまでも今の気持ちを失わないようにその思いをこめて「25」という名前で、音楽活動をされている サオリ&ユマさんです。サックスとキーボードの音楽性の素晴らしさは、もとより、明るくチャーミングなお二人のステージに皆様、いつも魅了されていらっしゃいます。

 本日も打ち合わせをして、宿 中屋のスタッフは、ハンドベルで、「きよしこのよる」を演奏しようということになり、楽しく練習させていただきました。皆の足を引っ張らないように、頑張りたいと思っておりますが・・・・・。

 皆様とともに、楽しくクリスマスを過ごさせていただくことを、楽しみにいたしております。

 お越しを、心からお待ち申しております。

空が赤く染まり出す頃、少々騒がしくなる宿 中屋です。

 昨日のお天気とは、うってかわって素晴らしいお天気でした。今日の夕日は、期待どおりでした。空が赤く染まり出すと、チェックインのお客様をご案内することに、宿 中屋のスタッフは、あせってしまいます。美しい夕焼けをお部屋で、ご覧いただきたいからでございます。本日も2組のお客様が、ちょうど空が赤くなり始めたころお越しになりました。打ち合わせより何より、今日のこの夕陽をご覧いただきたく、スタッフもとにかく早くお部屋にご案内させていただこうとしております。

 「秋の夕日はつるべ落とし」という言葉どおり、ことんと音がするように、あっという間に沈む太陽でございます。

 お部屋で無事ご覧いただけた本日のお客様は、「アクアラインの事故で、通行止めにあって、普段の倍近く時間がかかってしまったけど、この夕陽を見て、疲れがとれたわ」とおっしゃってくださったようでございます。本当に嬉しいことでございます。

 早めにお越しくださった方は、お部屋や、お風呂や、新しくできたサンセットラウンジにて、ご覧いただけます。

  そして、もうすぐ 宿 中屋では、朝日も海からご覧になれる時期となります。

  夕日の美しさと、満天の星空と、海からあがる朝日と、晩秋から冬にかけてこの時期ならではの風物詩でございます。皆様のお越しを心からお待ち申しております。

「おはようございます。煎りたて挽きたての珈琲をどうぞ」お馴染みのカモガワ珈琲さんです。

 宿 中屋の朝の風景です。香り高い珈琲の香りで、朝のご挨拶が始まります。宿 中屋が2年前リニューアルしてからのご縁です。中村さんは、東京から奥様の地元である鴨川に丁度2年前に移り住んで、「カモガワ珈琲」として、クラシカルなトラックで、営業されているのを地元の新聞で紹介されてましたのを、たまたま帰郷していた次女が、見つけ、すぐご連絡し、こうして御縁となりました。

 世界各国の珈琲を扱っており、わたくしも、大ファンの一人です。挽きたての珈琲だけでなく、焙煎したての珈琲の美味しさは、格別でございます。また、中村さんの珈琲の知識、真摯な仕事ぶりに、お客様も珈琲談義を楽しくされているのも、宿 中屋ならではの風景でございます。  

   朝日に照らされたカモガワ珈琲さんのトラックと中村さんです。

  これからも美味しい珈琲を、お願いいたします。

多古の篠崎様おなじみのカボチャアート。今回は、へびかぼちゃで。

 女将の湯処だよりでも、たびたび紹介させていただいております「篠崎様のかぼちゃアート」でございますが、今年は、へびかぼちゃをお持ち下さいました。

 「宿 中屋へようこそ。 城崎の天然温泉で、身体をリフレッシュしよう」

 というお言葉が書いてありました。本日、多古町の皆様とお越しくださいまして、開口一番

 「女将、約束のかぼちゃ、持ってきたぞ」とこのような細長いかぼちゃをお持ち下さいました。

 はじめて見る「へびかぼちゃ」でございます。紫色の座布団が、よく映え、ご覧のとおりのかぼちゃアートでございます。

 篠崎様、いつも、お心遣いありがとうございます。どうぞ、いつまでもお元気でお過ごしくださいますよう。

 元気をいただき、ありがとうございます。

Home > Archives > 2013-11

Search
Feeds
Meta

Return to page top