Home > Archives > 2018-07

2018-07

今日は、七夕。心をこめて短冊飾り。

お刺身についている笹飾り 金 赤 紫などの色紙で短冊が飾ってありますが、この短冊 調理長が作りました。皆様にお喜びいただきたく心をこめて。

新鮮な笹は、ルーム長が用意してくれました。

季節感 行事感を 感じ取っていただきたく、数週間前から七夕飾りもいたしました。

今日のコンサートは、毎年この時期に来ていただく「アイリッシュハープ」の永井さん、七夕にちなんだ曲を奏でてくださいました。

雨も降らず 素敵な「七夕」を迎えることができ、嬉しく存じます。

お客様も、調理長の粋な計らいに喜んでくださって、「そうね。今日は七夕よね。実は今日、結婚記念日なの」という方が、何と3組様もいらっしゃいました。

ご一緒にご結婚記念日をお祝いできることも嬉しいことでございます。今年も楽しく七夕を迎えることができましたこと、感謝申し上げます。

 

 

 

本日は「アイリッシュハープとソプラノ」・・優しい音色と美しい声と。

 

数年前からご縁をいただいておりますアイリッシュハープの永井利枝さん。毎年7月初旬にこのように音楽の夕べを担当していただいております。本日は、ソプラノの小出 京子さんとともに、素晴らしい音楽の夕べでございました。

ヘンデルの「私を泣かせてください」から始まり シューベルト ウェルナーの野ばら 菩提樹 野口雨情の世界(赤い靴 七つの子など)あっという間の30分でございました。

小出さんの美しい歌声に寄り添うように奏でるハープの優しい音色。皆様聴き入ってうっとりしていらっしゃいました。

昨年は、オカリナとの共演でございました。

様々な演奏の方々とのご縁に深く感謝申し上げます。

永井さん 小出さん 素晴らしいひとときをありがとうございました。

Home > Archives > 2018-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top