Home > 女将の湯処だより > 桜の開花が、待ち遠しく・・・・ うぐいすの声の爽やかさ

桜の開花が、待ち遠しく・・・・ うぐいすの声の爽やかさ

                                                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝のお散歩にて、神明宮の入口にある神明橋の桜です。プーとほっぺを膨らませている状態ですが、開花には もう少し時間がかかりそうです。今日は、うぐいすの鳴き声が、神明の森にこだまして さらに爽やかさな朝が、迎えられました。

4月のご神訓   明るさと元気の源の贈り人でありたし                                                                                                                                                                        

宿 中屋に お越しくださいまして、元気になっていただけたらと、 そういうお宿を 目指したいと存じます。 

      

 

Comments:1

ガガミラノコピー 17-07-16 (日) 1:02

したたかな外交戦術で、小国ながら乱世を生き抜いた戦国大名の真田一族だが、関ヶ原の戦いでは、父・昌幸、弟・信繁と袂を分かち、お家存続のためにひとり、徳川家康側につくという、過酷な道を進んだ嫡男・信幸。
関ヶ原後は、家康に父や弟たちの助命を嘆願し、蟄居生活を送る家族への仕送りを続けながら、幕末まで松代藩主を務め、真田家を守り切った。
大泉が『真田丸』で演じているのは、“のるかそるか”が家風の真田家で、家のために真面目に尽くす、理想の長男である。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.nakayahotel.com/diary/wp-trackback.php?p=211
Listed below are links to weblogs that reference
桜の開花が、待ち遠しく・・・・ うぐいすの声の爽やかさ from 宿中屋 女将の湯処だより

Home > 女将の湯処だより > 桜の開花が、待ち遠しく・・・・ うぐいすの声の爽やかさ

Search
Feeds
Meta

Return to page top