Home > 女将の湯処だより > 「Ria&Rie」再登場。うっとり魅せられました。

「Ria&Rie」再登場。うっとり魅せられました。

baiorin 0526-4

 

本日5/26から5/28までは、おなじみになりました「Ria&Rie」さんのヴァイオリンとピアノの初夏コンサートでございます。先月リクエストいたしましたベートーヴェン作曲の「スプリングソナタ」から始まり、チャルダッシュ(ヴァイオリンではおなじみですね)、クライスラー作曲「愛の悲しみ」では、「愛の喜び」のイントロを奏で、悲しみと比較したりと、また、「日本の唱歌メドレー」では、口ずさむ方もあり・・・・。エンディングは、いつもの「ツィゴイネルワイゼン」(ドラマで劇的なシーンによく使われますね)。アンコールは、エルガーの「愛の挨拶」でございました。

ステージでのお2人のトークは微笑ましのですが、いざ、演奏となると、迫力ある、また、すばらしい音色に驚かされます。

 

baiorin 0526-5

 

ご一緒に写真を撮らせていただきました。ご覧のように、可愛らしく、美しいお二人です。明るくて、いつも楽しくお話させていただいております。あらためて、ご縁に感謝いたします。皆様も是非、「Ria&Rie」さんの演奏をお聴きにいらして下さいませ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 女将の湯処だより > 「Ria&Rie」再登場。うっとり魅せられました。

Search
Feeds
Meta

Return to page top