歴史
history_h2

宿中屋の歴史

天津小湊は日蓮聖人生誕の地として知られ、誕生寺や清澄寺は江戸期から遠路より参詣に訪れる人も多く、古くから名跡、名勝の地として親しまれてきました。

宿中屋の前身の中屋旅館は、江戸時代の物見遊山の隆盛にともない、天保年間に創業をいたしております。すでに、160年余の歴史を刻んできました。
大正から昭和にかけて房総を巡る鉄道が開通した頃、中屋旅館は安房天津駅近くにありました。

「赤いくつ」や「しゃぼん玉」など童謡でもお馴染みの歌人・野口雨情もこの頃よく中屋旅館を訪れていたとのことです。

現在の地・城崎海岸に「ホテルニューナカヤ」としてオープンをいたし、皆様にご愛顧をいただいてまいりました。

この度、全館改装をいたし、リニューアルオープンいたしました。

モダンな和の趣をもった空間に、伝統ある旅館に恥じないおもてなしを基本として、より皆さまにくつろいでいただける宿にと心がけております。
みなさまのご来館を心よりお待ち申し上げております。

history_img01